歯列矯正開始の合図


まず理想的な歯列矯正の症例を見て見ましょう。

YouTube・5分でわかる15才アンナの歯列矯正↓

アメリカ歯科標準治療では15才まで

経過観察でOKということですが

15才を過ぎて歯列矯正を開始する時の

目安はあるのでしょうか?

斑鳩のじゅんちゃん

結論:

 

アメリカ歯科標準治療の歯列矯正では15才を過ぎて、

普通に口を閉じた時、前歯が直撃する様であれば

歯列矯正をしなければならない、とされています。

その理由は前歯が欠けたり割れたりする可能性が高いのと

噛み合わせが狂い始め顎関節症になる確率が高いからです。

 

説明:

実際の症例で説明します。

斑鳩のじゅんちゃんの一人息子のYouYouは

7才の時からG.V.BLACK DENTAL OFFICEで

治療を受けています。

YouYouにはママのじゅんちゃん同様

永久歯の上の前歯が2本ない

つまり先天的欠如歯が2本あるため

歯列矯正をするのは確実でしたが

その時期は未定でした。

経過観察の15才を過ぎても

安定していたので

大学に入って精神的にも

時間的にも余裕ができたら

歯列矯正をすれば良いと

山崎先生は考えていましたが

高校3年になり前歯が直撃し始めたので

歯列矯正を開始することになりました。

それまでの経過を検証します↓。

02/23/08 7才↑

乳歯に先天的欠如歯はなかったので

理想的な歯並びになっています↑。

07/31/08 7才↑

永久歯が生え出して来ました。

下の前歯が見えています↑。

02/26/09 8才↑

上の前歯が抜けて

アグリーダックの始まりです↑。

06/12/12 11才↑

G.V.BLACK DENTAL OFFICEが疎開したので

しばらくYouYouが来なかった間に

上の永久歯が生えて来ました。

YouYouの先天的欠如歯は側切歯と呼ばれる

#7,10の2本なのでした↑。

04/06/13 12才↑

アグリーダックは継続中なのですが

乳歯のgがまだ残っています。

12才を過ぎても残っていると

20才以降も残っている場合が

多い様です↑。

07/05/14 13才↑

ここでの注目は前歯の位置関係です。

上の前歯が下の前歯よりも前にあれば

問題はありません↑↓。

07/12/15 14才↑

前歯の次に問題になるのは犬歯です。

上の犬歯が下の犬歯の外側にある場合は

問題はありません↑。

07/24/16 15才↑

その犬歯が直撃し始めました↑。

上の前歯も直撃しそうな感じですが

まだ大丈夫です↑。

07/29/17 16才↑

この時点でも犬歯は直撃していますが

犬歯は構造上このくらいの衝撃には

耐えられるので問題はありません。

上の前歯もまだ直撃していないので経過観察は継続です↑。

09/23/18 17才↑

この時点で急速に上顎と

下顎の大きさのバランスが崩れ

犬歯直撃、前歯直撃になったので

歯が壊れることを回避と

噛み合わせが悪くなり顎関節症になるのを回避

するために歯列矯正を開始することになりました↑。

前歯と犬歯が直撃している様子を模型で観察します↓。

正面から見た様子↑

左から見た様子↑

右から見た様子↑

十字のマーカーは歯列矯正用のブラケットを

装着する位置を表しています。

ということはYouYouの歯列矯正はもう始まっていて

長くて9ヶ月、早ければ6ヶ月の

抜歯矯正では日本最速の一症例になります。

もちろん一生に一度の歯列矯正です。

11/07/18

Norman Yamazaki, DDS.