· 

鞍作路加 総入れ歯になる恐怖からの復活 02


20代で歯がぼろぼろになり30代で総入れ歯になるのではないか
という恐怖心を常に持ち続けていた鞍作路加の記録 Youtube↓

July 28, 2006

鞍作路加(くらつくりのルカ)

30代女性 前歯のない人の歯列矯正
#7,9,10 RCT 3

今日の一番は鞍作路加(くらつくりのルカ)でした。

#7,10,11RCTの3回目です。

治療前の、これらの歯は、

何度も神経の治療を受けたのに

常に痛みがあり、

小鼻の横に違和感がある

という緊急治療を要する歯

でした。

修復治療ですからラバーダムは必須となります。

根尖病巣,前歯のレントゲン,歯の神経の治療,痛い歯,画像

まずは昨日の復習です。

昨日、治療後のPAはこんな感じでした。

根尖病巣,前歯のレントゲン,歯の神経の治療,痛い歯,画像,完治
07/26/06 11:00 a.m.↑
歯列矯正終了,11年後,ホワイトニング終了

07/27/06 11:00 a.m.↑

今日の治療は、

#7は昨日で病巣の攻撃は終了したので、

今日は#10,11に集中します。

特に#10の病巣はかなり大きく

たちの悪いキドニービーンズであることは

わかっていますので、

今日で決着を付けるためには

かなりの薬を入れなければなりません。

また#10から11へと繋がる病巣は

たちが悪いので、

薬を#10,11の両方から入れて、

病巣をドッキングさせることが

確実に病巣を退治する方法

だと、エビデンスに基づいた

アメリカ歯科標準治療では決まっています。

2時間ほどかけて鞍作路加(くらつくりのルカ)の

#10,11の病巣はそのようになりました↓。

07/28/06 11:00 a.m.↑

07/28/06 11:00 a.m.↑

こんなに大きな病巣が

根の外側の骨の中にあったのでは、

いくら神経の治療の名目で

根の内部だけをいじくり回しても

痛みがなくなるわけはなく、

ましてや、

諸悪の根源を放置したままで

メタボンを入れたりしたら

歯は根にある病巣から悪くなり、

2年くらいで抜歯になることは

明白なのです。

そんな悲惨な日本の歯科事情の中で

今日の幸いは、

鞍作路加(くらつくりのルカ)の

#7,10,11 RCTは予定通り、

根尖病巣の攻撃は完了したので、

数日間、薬が全ての病巣に行き渡るのを待って

GP Fillとなることが確実になったことでした。

注意)鞍作路加(くらつくりのルカ)の

Dental Diaryは、鞍作路加(くらつくりのルカ)の

小学生の娘であるエバーグレースが読んでも、

なんとなく「お母さんの治療は大変だなあ」、

とわかるように書いてあります。

三 投稿者:鞍作路加

投稿日:2006/07/28(Fri) 16:49 No.3886

本日は、三回目の修復治療でRCTの続きを

して頂きました。

#11に薬が入りましたが、

それはもう一番の痛みでした。

治療の際、#10の病巣とつながっているから、

と先生にお聞きしましたが、

昨日よりさらに大きくなっているPAを

見せていただいて、

恐ろしい事になっていたのだとしみじみ感じました。

そして、

もうこれで前歯三本に関しては大丈夫と

仰って頂いて感謝と安堵感で一杯でした。

ですが、前歯はまだ#6が残っています。

これもまた病巣は大きいとのことですし、

その他まだRCTの必要な箇所は沢山

残っていますので覚悟して望みたいと思います。

明日からはRCTはひとまずお休みして、

奥歯の修復治療が始まります。

ゆっくり休みたいと思います。

山崎先生、本日もご丁寧な治療を

して下さいましてありがとうございました。

スタッフの皆様、

お世話になりましてありがとうございました。

明日もどうぞよろしくお願いいたします。