前歯のレジンボンディング


小学生の頃自転車に乗っていて、転んだときに、前歯が何カ所か欠けました。

 

レジンで治してもらっていたのですが、会社の近くの歯医者さんに定期検診で行ったところ、もうそろそろメタボンにしたら?みたいなことを言われました。

 

私的には歯はまだ沢山残っているのでレジンで治したいと思うのですが出来ないのでしょうか?

 

ミッシェル渡辺

 

結論:

 

G.V.BLACK DENTAL OFFICEで行なっているアメリカ歯科標準治療にはレジンボンディングという悪い部分だけを削り前歯の審美性を高める治療があります↓。

 

説明:

歯が半分くらい欠けた時、アメリカで選択されるのはレジンボンディングです。自分の歯はほとんど削らず、見栄えも機能も回復させるのですから究極の審美歯科治療!と呼ぶ人さえいます。

 

これは欠けた部分をレジンで補う治療ですが、自分の器用さと、知識と、審美眼を今この場で試されるということで、高い技術を持つ名医たちは好んで行う治療ですが、いわゆる「どべた」な歯医者さんにとっては自分が「どべた」だとばれてしまうので絶対にやらない治療です。

 

ましてや日本ではホケンで出来ると北大教授のヒコベエが言っていたので、人々の懐にも優しいということになり、レジンボンディングが必要だと思う人は、近所で名医と誉れが高い保険の歯医者さんにお願いすると良いでしょう。

 

審美歯科というのは、私がアメリカで学んでいた今から20年前は、レジンボンディングがメインだったのですが、今は器用な人が減ってきたせいか、特に日本では、前歯を何でもかんでも削ってメタボンにすることを指すようになりました。

 

嘆かわしいことです。

 

ではG.V. BLACK DENTAL OFFICEで行っているレジンボンディングの方法を見ることにしましょう。

 

レジンボンディングは上の前歯の6本から4本を行うことが多いので、アポは数回になります。

 

まこちゃんの症例です。30代前半、会社員、女性です。

09/01/05 治療前の様子↑

 

まこちゃんも小学生の時自転車で転んで、前歯が欠けました。

 

お気楽レジンで治療されているので歯の内部では虫歯が大爆発しています。

 

またまこちゃんにはテトラサイクリンのステインもあり、歯の色にも問題があります。

 

まこちゃんは、まず#6,7,8,9,10,11の6本をレジンで治します。

 

ここで、レジンボンディングと呼ばれる形態修正を伴う治療が必要な歯は#8,9の2本です。

 

第1回目のアポはお気楽レジンを除去し、虫歯治療をするレジンボンディング前の基礎治療になりました。

 

2時間かけてこんな感じでした↓。

今まで詰まっていた古いレジンと虫歯を除去した様子です↓。

この後、新しいレジンを詰めて終了しました。

 

この時に使ったレジンの色は、テトラサイクリン着色をホワイトニングで改善させる目的に合った色にしています。

 

第2回目のアポは2時間かけてこんな感じでした。

 

治療部位の様子です↓。

今まで詰まっていた古いレジンと虫歯を除去した様子です↓。

 

このように歯の外形が変わってしまうことに関わる治療はレジンボンディングと呼ばれます↓。

この後、新しいレジンを詰めて終了しました。

 

第3回目のアポは2時間かけてこんな感じでした↓。

 

治療部位の様子です↓。

 

前回行った#8のレジンボンディングの様子が良くわかります↓

今まで詰まっていた  古いレジンと虫歯を  除去した様子です↓。

この後、新しいレジンを詰めて終了しました。

 

延べ6時間を費やして行ったレジンボンディングはこのような結果になりました↓。

10/16/05 治療後の様子↑

 

このようにレジンを使って、歯の形を美しく整えることをレジンボンディングと呼ぶのです。

 

歯の形は十分に審美的には再生されていますが、色に関しては全く合っていません。

 

さて、あなたならどうしたいと思いますか?

 

私は、今見えている歯の白い部分に全ての色を合わせたい!と考えます。

 

なぜなら、そんな治療はもう何年も前からこの世にはあって、夢でも何でもなく、アメリカの歯科医療より20年遅れていると言われている2017年の日本には、実はもうあるのです。

 

それがどんな治療かを知りたい人は、テトラサイクリン着色解決!を見るとわかります。

 

10/30/05

11/20/17 updated

Norman Yamazaki, DDS.