歯列矯正の適齢期


まず理想的な歯列矯正の症例を見て見ましょう。

YouTube・5分でわかる15才アンナの歯列矯正↓

38才のサラリーマンです。

 

娘が12才と7才です。

 

上の娘は小学校3年の8才の時に

学校の検診で、受け口だと指摘され、

8才からブラケットをつけた

歯列矯正を近くの矯正歯科認定医で

はじめてからもう4年になりますが、

素人目にもまだ受け口です。

 

歯医者さんはいつ終わるか

まだ不明だと言っています。

 

下の娘も先日検診があり、

「要矯正」という紙をもらってきました。

 

上の娘の歯医者さんには

不信感を持ちはじめているので

今回は違う歯医者さんに

行ってみようとのことで、

妻が別の3件の矯正認定医を

訪ねましたが、開始年齢、

期間、値段、方法、結果に

ついてのはっきりとした

回答がされませんでした。

 

駅前の認定医では 、

ちょっと見ただけで、

費用は100万以上

になるかも!とだけ

言ったそうです。

 

私の疑問は、

7才から矯正をはじめる

というのは適正年齢、

もしくは適齢期なのか?

 

ということです。

 

それにしてもアンナちゃんは、

なんであんなに早く終ったんですか?!

海岸純子

結論:

 

歯列矯正の適齢期は15才以上なので、

それ以前は何もする必要はありません。

それ以前に下手なことをすると

最悪な結果になることが多く、

歯が悪くなるだけではなく

人生を棒に振ることすらあります。

 

説明:

歯列矯正の常識というものを

デンタルIQとデンタルリテラシー

の低い人達はわかっていません。

それが歯並びが気になる

子供を持ったパパやママに

ないと最悪の結果になります。

 

まず全国のパパやママが

覚えなくてはならないことは

 

小学生のうちはどんなに

歯並びが悪くてもブラケットを

付ける歯列矯正はしない!!

 

ということです。

 

次ぎにパパやママが

覚えなくてはならないことは

中学3年生

(実際には、男の子が中学3年、

女の子は中学1年であるが、

セーフサイドということで中学3年)

になって、歯並びが悪い場合、

骨の成長が終わり、

かつ歯の根が親不知を除き

完成している場合にのみ

歯列矯正を始めてもいいかな、

ということです。

 

逆に言えば、

 

どんなに

歯並びが悪くても

中学3年までは

何もしてはいけない!

 

のです。

 

中学3年というのは

骨の成長が止まり、

歯の根の成長も

完成している人が多いので、

この時期まで待つのです。

 

骨の成長が終わっている

ということと、

歯の根が完成している

ということは普通の歯医者さんたち

であれば調べることは出来るはず

ですから調べてもらえばいいのです。

 

中学3年以前に歯列矯正をして

歯がきれいに列んで

終わったとしても、

顎の骨が成長して

大きくなってしまうと、

歯も動いて歯並びが悪くなる、

というのは常識で

考えればわかることです。

 

また歯の根が完成していないうちに

歯を動かすと根の成長が途中で止まり、

最悪の場合はそこから

解け出して根が異常に

短くなることがあるのです。

 

従って中学3年になっても

根が完成していない人には

ブラケットを付けてはいけないのです。

 

アメリカでは親元を離れ

大学生活を始める

直前の高校2年くらいから始め、

高校3年で終えるのが理想的とされます。

 

でも!うちは早く、安く、簡単に

やりたいんだから削って抜いて

芸能人のように差し歯に

すればいいんじゃないですか?

と聞くアンナのママのような人は

デンタルIQがナノ以下ですから

G.V. BLACK DENTAL OFFICEの

HPに来てはいけません。

 

では中学3年で骨の成長が終わり、

歯の根が完成している子がいるとします。

 

例えばアンナです。こんな感じです↓。

画像:八重歯 開咬 矯正女子 GVBDO

3番目にデンタルIQがボウフラ以下の

母親が覚えなくてはならないことは

20才以下の人の歯列矯正では

ブラケットの装着期間は

1年内で終わるのが当たり前!!

ということです。

 

当たり前ということですから、

何か問題が起きて長引いても

1年で終わるのが常識だと

覚えるのです。

 

また年齢が上がるにつれて、

ブラケット装着期間は

長くなる傾向がありますが、

それでも

 

30才以下の人の歯列矯正は

1年で終わるのが当たり前!!

 

40才以下の人の歯列矯正は

1年で終わるのが当たり前!!

 

だと覚えるのです。

 

つまり何歳であろうと

ブラケットの装着期間は

1年を目安に終わるというのが

理想なのです。

 

1年というのは、先程述べた

歯の根が解け出す可能性と、

虫歯になる可能性、

歯周病になる可能性、

顎関節症になる可能性、

が低く押さえられる期間なのです。

 

これを過ぎると問題が

発生する率は高くなるのです。

 

つまりブラケットをつけた

歯列矯正が1年で終われば、

歯もムキズで虫歯はなく、

歯周病の心配もなく、

顎関節症にならない、

ということなのです。

 

終わらなければその逆で、

パンドラの箱が開いて、

一生歯で悩むために

歯列矯正を始めた

という事になるのです。

 

4番目にデンタルIQが

ボウフラ以下の母親が

覚えなくてはならないことは

20才以下の人の歯列矯正は

1年で終わるのが当たり前だけど

本当はもっと早く終わることが多い!!

ということです。

 

15才から19才の人が、

20代、30代の

人と違うのは骨の代謝です。

 

歯列矯正で歯を動かすためには

骨を溶かす細胞が働き、

動いた歯を安定させるのには

骨を作る細胞が働く必要があります。

 

人間は15才から19才の人は

20代、30代の人よりも

骨の代謝が活発であるので、

歯は早く動き、早く安定するのです。

 

従って同じ症例ならば

15才から19才の人が

20代、30代の人よりも

早く終わるというのは常識なのです。

 

そこでもう一度アンナです。

画像:八重歯 開咬 矯正女子 GVBDO

01/12/03 

矯正開始直前の様子↑

アンナのママはデンタルIQも

デンタルリテラシーも

ナノ以下だったので、

矯正に4年も5年もかかるのなら、

短期間で終わって安く済むという、

近所の歯医者さんの説明を信じて、

犬歯を抜いて差し歯にする方法!

をアンナにさせようと考えていました。

 

しかし、

常識的な判断の出来るアンナは、

G.V. BLACK DENTAL OFFICEで

矯正をすると主張したところ、

パパが良い人でしたので、

アンナの意志に従って、

G.V. BLACK DENTAL OFFICEで

矯正をすることになりました。

画像:八重歯 開咬 矯正女子 ブラケット装着 GVBDO

01/12/03

 ブラケットを着けた直後の様子↑

治療の結果、

デンタルIQがボウフラ以下の

ママでさえも

G.V. BLACK DENTAL OFFICEで

矯正をしたら、

アンナの歯列矯正は

1年以内の8ヶ月で終わり、

歯並びは当然良くなって、

さらに健康になる!

ということを理解しました。

 

なぜなら、

アンナはその通りの

歯列矯正をしたからです。

画像:八重歯 開咬 矯正女子 ブラケット装着 GVBDO

09/21/03 Bracket Off直後の様子↑

 

ブラケット装着の

期間は8ヶ月でした!

 

そして、

脊柱側弯症も治っていた!

のです。

 

当然、治療費は、

抜いて差し歯にする方法よりも

高額ではありましたが、

これでアンナは

一生歯で悩まなくなる!

ことを考えると、

返って安い買い物だった

のではないかとアンナの

パパはアンナに話したそうです。

 

大切なのは

アメリカ歯科標準治療の

歯列矯正のように

正しいやり方で矯正をすると、

今まで自分の知っていた

常識がいかに間違っていた

かがわかるのです。

 

あなたは今現在、

デンタルIQボウフラ以下の

パパやママであったとしても、

最低限の常識だけは覚えて、

子供には楽しい人生が

待っている歯科治療を

受けさせてあげる

ようにしましょう。

 

05/09/04

02/07/20 updated

Norman Yamazaki, DDS.