· 

ジーナ浜松 17 裏側矯正失敗の顎関節症から復活

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へにほんブログ村 病気ブログ 顎関節症・顎変形症へ

歯列矯正失敗の顎関節症から復活した

カーリー大阪の再矯正治療を2分で

理解できるYouTube↓

失敗した歯列矯正から復活するポイント

失敗した矯正の方々に見られるのは

1. お口の中が不潔

2. 虫歯の進行

3. 歯周病の進行

4. 神経の治療の失敗による悪化

5. 噛み合わせの異常

の5点です。

再矯正で治せる可能性があるのは

5. 噛み合わせの異常

のみなので、賢明な人であれば

再矯正だけをしても

歯に関する問題は

発生し続けるけ

一生、歯では悩むため、

復活は絶対にない

ということはわかるでしょう。

ここでは、ジーナ浜松のように

完璧な修復治療を終えた人が

最後に、噛み合わせを改善し

復活してゆく

歯科矯正について解説します↓。

November 14, 2009

ジーナ浜松 DP Del

ジーナ浜松はDP Delでした。

DPというのは

Dynamic Positionerの略で、

いわゆる「保定装置」の一種です。

日本で広く使われている

リテイナーとは

全く違った機能を持っています。

詳しくは最後↓に

写真入りで解説します。

さて、Bracket Offから1週間が立ち、

歯並びが乱れて来ましたがDPを

30分するとかなり良くなりました。

アメリカ歯科標準治療では、

歯列矯正で動かす歯の割合は、

ブラケット+ワイヤーで

全体の90%

DPで残りの10%と

細部のディテール

ということになっています。

つまり

DPは

歯列矯正の

仕上げのためには

必要不可欠な治療

なのです。

今、日本の歯医者さんで

1年で歯列矯正が終わると

宣伝している人がいます

が、

その人たちの保定装置は

もう歯を良い位置に

動かすことのできない

ワイヤーのリテイナー

(別名ホーレータイプのリテイナー)

ぺらぺらの透明のリテイナー

(別名クリアーリテーナーとかソフトリテーナー)

だったりするので、

いったいどこまで

正確にやろうと

しているのか?

私は不思議に思っています。

見た目だけを

そろえるなら

誰がやっても

1年もかからない

のですが、

奥歯の噛み合わせを

そろえて

顎関節症に

ならないように

するためには

ワイヤーの

リテイナーや

ぺらぺらの

透明のリテイナーでは

無理な話

だからです。

それでは、

DP Delの日の恒例になっている

初診時の歯列と

BO後の歯列の比較をしてみます。

まず前から見た様子です↓。

02/08/09 初診時の様子↑

11/14/09  本日の様子↑

歯並びが無駄を省いて

清楚でコンパクトに、

かつ

美しくなっています↑。

上の歯です↓。

02/08/09 初診時の様子↑

11/14/09 本日の様子↑

この角度から見ると、

シンプルであることが

良くわかります↑。

歯科治療では「Simple」

というのは

大変良いときに

使われる言葉です。

下の歯です↓。

02/08/09 初診時の様子↑

11/14/09 本日の様子↑

日本のハイシャさんが4年かかっても

埋まらなかった

下の歯の抜歯スペースは、

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは

9ヶ月で十分すぎるほどでした。

ジーナ浜松の歯列矯正は、

日本のハイシャさんによって

抜かれてしまった

下の小臼歯 2本のスペースに

合わせるために、

上の小臼歯歯を2本抜き、

上下のアーチの

バランスを維持しながら、

理想的な咬合にする

というものでした。

その副産物として、

受け口っぽい外見が緩和され、

ジーナ浜松は

ユンアのようになる!

というハンセン理論の

実現がありました。

そして、それはすでに完了しており、

ジーナ浜松もわかっています。

このプロフィールに関しては

DPをやることにより、

顔の筋肉が鍛えられてやればやるほど

良くなることも

事実として定着しています。

ホワイトニングが始まると、

反響は最高潮に達しますから

ジーナ浜松はとにかく頑張って

関内の星をめざして

一生懸命やるように。

スペシャルな付録:

全国の矯正ファンから

G.V. BLACK DENTAL OFFICEで使っている

DPがどんな姿か見たい!

という声が殺到しているので、

リクエストにお答えして公開します。

何回出しても、見たい!見たい!という

歯科医師からのリクエストが多いのです。

前から見た様子↑

上の歯のポジション↑

下のポジション↑

この写真を見てわかるのは、

今、日本で広く使われている

針金を曲げて作るリテイナーや

ぺらぺらの

透明のリテイナー

とは

全く違うということです。

針金を曲げて作るリテイナーは

学生でも30分もあれば

完成するものです。

材料もレジンと針金だけで、

費用も最小限でできます。

設備もペンチが一つあればOKです。

ぺらぺらの透明のリテイナーも

簡単にできることに

関しては同じです。

一方、

DPは製作するのに

大変な時間と

労力のかかる

技工を必要

とします。

また専用の施設も必要で、

設備投資には何百万もかかります。

一般的に、DPを作るためには、

上下の歯の印象を取り、

上の歯と下の歯の

石膏模型を作ります。

正しい顎の位置関係を調べた上で、

咬合器に2つの模型を装着します。

次に、模型を咬合器から外し、

上の歯と下の歯を石膏模型から

切り取り、歯茎の部分を削り取って、

歯茎の部分だけを

ワックスに入れ替えます。

そして咬合器に再び装着し、

最終的に目指す歯の理想的な位置に、

ワックスを暖めながら、

歯を動かします。

30分から1時間程度で、

理想的な歯並びと咬合が完成します。

この理想的な歯の模型の印象を取り、

また石膏模型を作り、咬合器に装着して、

今度はDPの原型をワックスで作ります。

この原型を、もとにシリコンでDPを

作るのですが、その行程は長いので、

省きますが、

つきっきりで1週間

ほどかかります。

私の知る限り、この

DPが歯科技工の中で

最も

知識と才能と忍耐が

必要

とされる技工です。

現在、日本にこのDPを自分で

作ることが出来る

歯科医師はいるのか?

ということになりますが、

デンティストとしては、

私が一人います。

私の他には歯科医師でDPを

作っていると言う人を

聞いたことはありません。

技工所で作っている所は、

以前は1カ所あったようですが、

もう、上記のように

手間暇がかかりすぎて

採算も合わないし、

歯科医院からの注文も来ないので、

やめたという話を聞きました。

ここで疑問なのは、

なぜ

アメリカ歯科標準治療では

そうまでして

DPを作るのか?

ということです。

それは、

DPを使わないと

できないことがある!

からです。

リテイナーを保定装置に

使う人たちの概念は

Bracket Offを

した瞬間が、

最も良い歯の状態で、

そいれを

維持すればOK!

少しくらい

動いてもOK!

後戻りしても

2度目の矯正が

あるジャン!

というものです。

リテイナーは今から

50年以上前に開発されました。

50年前には、

今のような

咬み合わせの

概念もないし

顎関節症も

知られてはいません

でした。

一方、DPを保定装置に使う

アメリカ歯科標準治療では

Bracket Offを

した瞬間は、

全体の90%しか

歯は動いておらず

残りの10%は

DPで動かさなければ、

噛み合わせも

完成しないし、

歯並びも、

細かな動きも

終了しない!

また常に理想的な

歯の位置を

維持しなければ、

いつか

後戻りして

噛み合わせが

おかしくなって

顎関節症になる

可能性がある!

と考えるので、DPを使うのです。

DPの原型は今から

20年くらい前には

開発されましたが、

G.V. BLACK DENTAL OFFICEが

採用している製作方法は、

材料、器具も含め

毎年何らかの改良が

加えられています。

従って、

アメリカ歯科標準治療のDPは

2009年現在の

歯科医学が

集大成された保定装置

であることがわかります。

これだけの違いがあり、

リテイナーのように

すぐに壊れることのない

頑丈で正確なDPを使えば、

後戻りは防げるし、

機能的にも顔の筋肉の

トレーニングが可能で

凛とした横顔になるため

良いことばかり

だと思うのですが、

アメリカでは一般的に

普及しているDPが

日本では受け入れられない理由は、

製作コストが高い!

ということが

あるかもしれませんが、

それ以前に、

患者の健康を

考えることもなく

自分の技術を磨いて

社会に

貢献しようとする

理念もない

歯医者の怠慢

だと考えるのは、

私だけではないでしょう。

とにかく1週間付きっきりに

なる技工ですから

最近、

Dental Diaryが更新されないね、

とあなたが思うとき、

アメリカスーパーデンティストの

山崎先生は、

きっとDPの

技工に没頭中

であることを、

G.V. BLACK DENTAL OFFICEに

通う人々は知っています。

くどいようですが、

ジーナ浜松の歯列矯正が

成功するか失敗するかの鍵は、

このDPの装着にかかっているので、

とにかくDP装着をがんばろう!

[365] DP 投稿者:ジーナ

 

投稿日:2009年11月14日(土)21時41分58秒 返信

 

今日は、DPでした。

 

ぴったりと作って頂いたDPを

 

1日約12時間はめて、

 

整えていくそうです。

 

これを頂くまで、

 

歯が動いてしまいそうで心配でした。

 

しっかり言われたとおりに、

 

歯の管理をして

 

ホワイトニングまでの道のりを

 

めざして、頑張りたいです。

 

私の場合、

 

ブラケット装着期間が長かったため、

 

歯がグラグラで

 

2週間おきにチェックを

 

していくとのことでした。

 

山崎先生、

 

スタッフの皆様ありがとうございました。

 

2週間後も、

 

どうぞよろしくお願い致します。