トーマス上田 07 咬合挙上失敗の顎関節症から復活!

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へにほんブログ村 病気ブログ 顎関節症・顎変形症へ

October 03, 2009

トーマス上田
初診から8年133日経過

トーマス上田はProphyでした。

トーマス上田はG.V. BLACK DENTAL OFFICEに

初診で来てから8年半くらいになります。

超難関の顎関節症の患者でした。

その理由は、

あちこちの自称顎関節症の名医で、

レベルの低い歯科治療をされまくっており、

まず、それを全部治してから、

本丸の顎関節症を

治さなければならなかったからです。

トーマス上田がされていたのは、

正井文治がされていたいたのと同じ、

通称上げ底クラウン

という

咬合挙上至上主義

という人体実験さながらの

レベルの低い歯科治療でした。

トーマス上田がされていた上げ底クラウンは

こんな感じです↓。

05/23/01 初診時左下の様子↑

05/23/01 初診時右下の様子↑

こんな上げ底クラウンにしても、

顎関節症は治るはずがないので、

トーマス上田は

G.V. BLACK DENTAL OFFICEにやってきました。

私はトーマス上田がされた

不適切な治療を見て、

何もしらねえと思って

ふざけたことばっか

してんじゃねえ!

と同業の歯科医師に対し、

始めて歯科医師として

しかりつけたい気持ちになったことを

覚えています。

そして、8年半後の今、トーマス上田は

結婚はまだしていませんが、

顎関節症も治り、健康も回復して、

本業の会社員のかたわら、休みの日には

今日は東京、明日は大阪と好きなセミナーに

参加して、自己研鑽をしながら、

自分なりに目標を持って元気に暮らしています。

そんなトーマス上田の歯の変化です↓

正面です↓。

05/23/01 初診時の様子↑

10/03/09 本日の様子↑

噛み合わせは、この8年半の間に、自然と

機能正常を獲得したので、問題ありません。

上の歯です↓。

05/23/01 初診時の様子↑

10/03/09 本日の様子↑

レベルの低い歯科治療を行う

日本のハイシャさんがインプラントを薦める

#4の抜歯窩はブリッジで解決されており、

このブリッジは製作から7年が経過していますが、

全く問題はありません。

恐らく、これからもないでしょう。

下の歯です↓。

05/23/01 初診時の様子↑

10/03/09 本日の様子↑

日本のハイシャさんがインプラントしかない!

と強調し、やたらと押しつけたがる

#20の抜歯窩はブリッジで解決されており、

このブリッジは製作から7年が経過していますが、

全く問題はありません。

恐らく、これからもないでしょう。

トーマス上田は控えめな表現が好きなので、

「恐らく」を使いましたが、山崎先生的には、

「間違いなく」とか「100%」という

表現が適正だと思っています。

それがEvidence Based Medicine (EBM)に

基づいた「ほんとうの治療」、つまり

アメリカ歯科標準治療

だからです。

今日は、トーマス上田の「将来の目標を聞く時間」

だったので、いろいろと話し込み、

治療後のカウンセリングが1時間以上になりました。

G.V. BLACK DENTAL OFFICEでは良くあることで、

「良い医療人」というのは

患者の話を良く聞けて治せる人

だとランド先生も言っていたので、

山崎先生もだんだん、アメリカの一流に

心技体全てが近づいてきたのかもしれません。

トーマス上田は自分の目標に向かって

がんばろう!

プロフィ 投稿者:トーマス上田

投稿日:2009年10月 4日(日)22時38分2秒

カキコが遅くなってしまいましたが、

昨日、プロフィで伺いました。

ありがとうございました。

自分の夢についてお話ししたとき、

ご自分の使命を

生きておられる山崎先生から即座に

応援の言葉をいただきました。

ありがとうございます。

今は、受験勉強と

時折、自分をみつめるためのワークショップに

参加しながら進んでいきたいと思います。

それでは、また次回、

よろしくお願いいたします。