子爵鳥居忠文の墓1


June 06, 1998.

子爵鳥居忠文之墓

今日の午前中は仏事で

本駒込にある吉祥寺に出かけました。

大きなお寺さんです。

中央線の吉祥寺は江戸時代

この寺の檀家の人々が火事で焼け出され

移住した土地にこの寺の名前を

つけたものだそうです。

G.V.BLACKDENTAL OFFICEからは

車で15分くらいのところにあります。

本駒込は私がアメリカに留学する直前、

四谷の日米会話学院に通った

数ヶ月間住んでいた所です。

授業は木曜までで、

金土日の休みには英会話の本を持って、

となりにある吉祥寺の墓地に行きました。

広いところで誰もおらず、

大声で英会話の練習をしても

文句を言われることもなく、

しかもひっそりとしていて、

英会話の勉強にはもってこいの

場所だったからです。

何度か行くうちに、

好きな場所ができました。

それは甲斐守鳥居家一門の宝域の中の

子爵鳥居忠文之墓の前の石畳です。

ここは墓地のほぼ中央に位置しており、

しかも3mもあるような大名墓の

五輪の塔が立て込んでいる真ん中に

ぽっかりとあいた石畳の空間で、

その中央に寝転がって

本をよんでいると妙に

集中できたものです。

ここでの英会話の成果が

後の13年間のアメリカでの生活に

どれだけ役にたったかしれません。

森鴎外全集、永井荷風全集を

読破したのもこの場所でした。

そのうち寺男のおじいさんと仲良くなって、

いろいろなお墓の由来や、

因縁話などをききました。

それらは歴史やガイドの本には

書いてあるようなものでなく、

もっと人間的な実質主義者の話でした。

そのおじいさんの家は

山門の傍らにあったはずなのに

もう今日は跡形亡く消えていました。

それもそのはずで、

ここに来たのは実に17年ぶりのことです。

子爵鳥居忠文之墓は

以前と同じ場所にあるはずなのに、

まわりの景色が変わっていて、

一瞬通りすぎてしまいました。

かって整然とならんでいた

五輪の塔の群はその大半が傾いて中には

崩れているものもあります。

また木や草は茂るに任せてあり、

人の通る道もわからないほどです。

子爵鳥居忠文之墓の隣に

先祖のものと思われる3mの五輪の塔と

宝篋印塔があり、

その姿はこの墓地の中で

最も美しい形であったのに、

藩主と思われる甲斐守の五輪の塔は

基盤の中から生えてきたケヤキの木が、

その石組みをゆがめて、

今にもくずれそうになっていました。

だれもこの塔を

救おうとしないのであれば、

私は自分の青春の思い出を

守るためにこの五輪の塔の

修復を自分一人の力で

成し遂げたいと思っています。

17年の年月の流れによる風化は

仕方のないことだとしても、

この墓のメインテナンスの

杜撰さにはあきれました。

このお寺が日本でも

有数の寺格を獲得できたのは

だれのお陰か考えたことがあるのでしょうか?

大名が権力を示すように五輪の塔を建て、

寄進をしなければこの寺は

ここまで大きくなることは

できなかったはずです。

このお寺は今、

墓地の切り売りをしていますが、

そこはもともと

大名家の墓のあったところです。

杜撰な管理をすれば古い墓は荒れてゆき、

それを口実に

大恩ある人々の墓を更地にして、

新規売買で小銭を儲けるという手口は

生臭坊主の烙印をおされても

仕方のない行為でしょう。

日本にはまともな歯医者は

あまりいませんが

僧侶もいないと痛感する

今日この頃です。

そして信徒総代を名乗るK一族の墓が

かつて前田家、板倉家、鳥居家、

新荘家の童子、童女の墓を

掘り返したところに

ぎぎたる花崗岩の塀を巡らして

偉容を誇るというのは、

K一族の人格の高貴さを

疑われても仕方のないことです。

この童子童女の宝域には

私の好きなお墓がたくさんありました。

吉祥寺の中でも最も

あたたかな雰囲気があったところです。

これからK建設はこの童子童女の怨念を

どうするつもりでしょうか。

この会社の将来について、

明るいものが見いだせないのは、

ただ単に世の中の景気のせいではない

と思っています。

午後はG.V. BLACK DENTAL OFFICEに

戻り治療です。

今日はカオリちゃんが来ました。

#28,29,30,31Amalgamです。

今日も歯茎を切りました。

塩水でのうがいお願いします。

カオリちゃんは歯が治ってきたら

かなり美人になったという

Keiko評をお知らせしておきます。

06/06/98 Norman Yamazaki, DDS.

 

日本唯一の会員制歯科医院

医療法人社団神農会

G.V.BLACK DENTAL OFFICE

岐阜県 高山市 山口町 1392-1

TEL/FAX : 0577-62-9434

E-mail: info@gvbdo.com